柔道整復師の正しいレセコンの選び方【レセレクト】 » レセコンとは、レセコンの基礎知識 » レセコンの機能、何ができる?

レセコンの機能、何ができる?

このページでは、レセコンとはどのような機能を持つのか?といった疑問にお答えします。主に「診療内容の入力」「保険点数の自動計算」「記入データの点検」といった機能がありますので、それぞれの内容について見ていきましょう。

診療内容の入力

レセプトは、これまで専門知識を持っているスタッフ(医療事務スタッフなど)が手作業で作成を行ってきました。しかし、レセコンを使用した場合、まず診療内容を入力することができるようになります。この時、診療ごとに「治療」や「検査」といった必要項目をコードや品番として入力するだけで作業が完了します。このことにより、入力を担当するスタッフの負担を大幅に軽減できるといえるでしょう。

レセコンの中には、より入力を簡易化するために頻繁に使う薬と処置をセットにして登録する、といったことが可能なものもあります。このようにあらかじめ登録しておくことにより、必要最低限の手順を踏むことで診療内容を入力可能になります。

さらに、電子カルテと一体化されているレセコンも。この場合には、医師がカルテに入力を行った場合、その内容がそのまま反映されることで入力の手間や入力ミスが起きてしまうリスクを減らせるでしょう。

保険点数の自動計算

上記の通り、レセコンを使用して診療内容に関するコードや品番をシステムに入力すると、保険点数について自動計算が行われます。人の手で計算する必要がなくなるため、計算ミスもなくなりますし、レセプト業務に関する負担も大幅に軽減できるでしょう。

また、レセコンの中には診療報酬の制度改定に自動で対応してくれるシステムもあります。このようなシステムを使用した場合には、制度が改定するたびに発生していた医療事務スタッフの負担も軽減。制度改定によってスタッフの手を煩わせる、といったこともなく業務を進められるようになります。

記入データの点検

レセプト業務を行う際には、記入したデータの点検は非常に大切な仕事といえます。レセコンの中には、記入したデータのチェック機能を搭載しているものもあります。この時にチェックされる内容としては、保険や公費の入力漏れが発生していないかどうか、また調剤料や管理料の算定回数などが挙げられます。

記入内容を即チェックできますし、万が一記入漏れ等があった場合にはスピーディーに修正することができるといった点がメリットとして挙げられます。場合によってはチェックは別のソフトで行うケースもありますが、チェック機能を備えたレセコンを導入するとより業務がスムーズに進められるでしょう。