柔道整復師の正しいレセコンの選び方【レセレクト】 » レセコンとは、レセコンの基礎知識 » レセコンの費用

レセコンの費用

初期費用で数十万円~数百万円かかる

レセコンを導入するにあたって、最もネックになるポイントが費用面でしょう。どんなコンピューターであっても導入するためには、それなりの費用がかかります。費用は導入するシステムによって大きく変動し、数十万円~数百万円かかることが見込まれます。

一般的には初期費用だけで150万円前後と言われており、さらにシステム・ハードウェアなどのサポート費用などを導入後にも負担しなければなりません。そのため導入前には初期費用だけでなく、導入後の費用についても確認することが大切です。

電子カルテ一体型の場合はより価格が上がる

レセコンには電子カルテ一体型と分離型のタイプが存在します。一体型はレセプトシステムと電子カルテなどのシステムが連携して運用するタイプで、システムの互換性などの不安はありません。また安定した運用体制を整えやすく、業務の負担を減らせるなどのメリットがあるでしょう。ただし導入時には分離型より価格が上がりやすいというデメリットもあります。そのため予算や現状などを踏まえて一体型のシステムが適しているのかどうかを検討しましょう。

既存の機材を使ってシステムのみ提供するケースも

導入する費用を抑える方法として、システムだけを利用するという手があります。レセプトシステムを提供している業者の中には、既存の機材を使用しシステムだけを提供するといったサービスを行っている場合も。機材を新しく揃える必要がないため、ハードウェアにかかる費用が大幅に抑えられるといったメリットが期待できます。ただしシステムの要件を満たしたスペックでない場合は、既存の機材が活用できないケースもあるので注意しましょう。事前に既存の機材が使えるかどうかを確認することが大切です。

レセコンの導入時にかかる費用

ハードウェア費用

レセコンに必要なハードウェアは上記のような機器が挙げられます。プリンタ・スキャナなどは領収書の印刷や資料などのデータをパソコンに取り組む際に必要になってくるアイテムです。これらのハードウェアの必要となる台数・スペックは医療機関によって変わってくるので、どの程度の台数・スペックが必要なのかは業者に確認しておきましょう。

周辺システムとの連携費用

さらにレセコンを導入する際に考えなければならない点が、周辺システムとの連携です。ほとんどの医療機関ではレセコンと周辺のシステムを連携させており、それによって業務効率化アップを図っています。たとえば電子カルテと連携しておけば、患者の基本情報を共有できるため診療報酬の点数を簡単に算出可能です。だからこそレセコンだけで検討するのではなく、電子カルテなどのシステム連携も検討するのが望ましいといえます。ただシステム連携を図ろうと他システムも合わせて検討すると、もちろん費用も高くなってしまうので注意が必要です。

導入後にかかる費用

サポート・メンテナンス費

導入後にかかる費用として、サポートやメンテナンスにかかる費用が挙げられます。システムを導入したとしても何らかの理由でシステムが停止するおそれがあり、復旧までのサポート体制がどうなっているかは確認しておかなくてはいけません。サポートやメンテナンスの費用は毎月定期的に支払うケースが多く、検討時に費用に見合った内容かをしっかりチェックすべきです。

システム更新費

どんなシステムであっても、システムは日々アップデートされており、最新の状態で利用するためには更新が発生します。この更新費用はクラウド型・オンプレミス型によって変わり、クラウド型であれば自動更新で常に最新のシステムが利用可能です。一方オンプレミス型は定期的に更新する必要があります。そのためシステムの更新費用・頻度などを確認しておきましょう。

研修費

レセコンを導入したあと実際に扱うのは経営者ではなくスタッフです。スタッフが操作方法を把握していなければ、レセコンを導入する意味がありません。そのため多くの業者ではスタッフに対し、操作方法・システムの活用方法などを指導する研修を実施しており、研修費用が発生することも。いずれにせよシステムを効果的に活用するために研修は必要です。ただし人員が増えた場合は研修費も高くなる可能性があります。

ソフトウェアライセンス費

活用しているソフトウェアによってはソフトウェアライセンス費用が発生することも。ライセンス契約次第では定期的に更新費用が発生する恐れもあるので、前もって確認しておきましょう。

通信費

レセコンを導入すれば通信費用が発生します。この通信費用とはレセプトデータの送受信・システムのアップデートなどにかかる費用で、ネットの回線や通信手段でも費用が大きく異なってくるでしょう。そのため事前に通信費用がどの程度かかるのかシミュレーションしておくと安心です。

導入後を見据えて検討するのがベター

レセコンを導入する際には導入前に必要な情報収集をしっかりと行うだけでなく、開業後の運営状況の予測をすることが大切です。そのうえで自院に適したレセコンかどうかを検討するようにしましょう。ただし導入時にかかる費用だけをチェックするのではなく、導入後のランニングコストも踏まえた上で検討することで後悔しないレセコン導入が行えます。本当に必要なシステムを搭載したレセコンを導入することで、業務の効率化アップやミスの軽減などのメリットが期待でき、対応の質の向上にもつながります。

必要な機能は満たせる?
おすすめのレセコンを見る

接骨院におすすめの
請求団体3選をチェック

固定バナーpc
固定バナーsp