柔道整復師の正しいレセコンの選び方【レセレクト】 » レセコンとは、レセコンの基礎知識

レセコンとは、レセコンの基礎知識

レセコンとは、「レセプトコンピュータ」の略。レセプトを作成するためのコンピュータのことであり、医療機関で使用されます。このページでは、レセコンについて知っておきたい基礎知識についてまとめています。

レセコンの機能、何ができる?

レセコンにはさまざまな機能が搭載されています。例えば、診療ごとの「治療」「検査」など必要項目をコードや品番で入力することができる「診療内容の入力機能」や、「保険点数の自動計算機能」、そして入力したデータに漏れや誤りがないか、調剤料や管理料の算定回数などをチェックする「記入データの点検機能」といった機能を使用できます。レセコンの中には、入力をより簡単にするためによく使用する薬と処理をセットで登録できるものも。

レセコンの中には、診療報酬の制度改定に自動で対応してくれるものもあります。このようなシステムの場合は、診療報酬が改定されるたびに医療事務スタッフの手を煩わすこともありませんので、作業にかかる負担の軽減に繋げられるでしょう。

レセコンの機能、何ができる?
の詳細はこちら

レセコン導入のメリット

レセコンを導入すると、さまざまなメリットを得ることができます。

例えば患者の予約管理や受付を行えることから受付業務を効率化したり、電子カルテと連携できるシステムの場合にはドクターのカルテ作成の手間を削減したり、会計時にそのデータを活用することも可能となります。また、他にもカウンセリングを行う際にレントゲン写真や治療説明の動画などを呼び出すことが手軽にできるといった機能を搭載しているレセコンも。

さらに、レセコンを使用した場合には会計業務のスピードアップを図ることもできるため、診療や治療が終了した後の患者さんの待ち時間を短縮することもできるでしょう。

またクラウドなどにデータを保存できるレセコンを利用している際には、災害時のデータバックアップに役立てることもできます。

レセコン導入のメリットの
詳細はこちら

レセコンのクラウド型とオンプレ型

レセコンにはクラウド型とオンプレ型の2種類があります。

クラウド型は、データ処理や保存を行うためのサーバを院内に設置せずに、クラウド事業者が持つサーバにデータの保存や管理を行っていきます。サーバを設置する必要がないため初期コストが比較的安価に済むことや、万が一の災害時などに備えてバックアップを行えるといったメリットがあります。

また、オンプレミス型のレセコンは、院内にサーバを設置する形式です。昔から多く使われてきた形式であることからサポートが手厚い点などがメリットとして挙げられます。

レセコンを導入する際には、それぞれのメリットやデメリットを知った上でどちらが自院に適しているかを判断する必要があります。

レセコンのクラウド型とオンプレ型の
詳細はこちら

レセコンと電子カルテの違い

レセコンと電子カルテは、使用目的とシステムの使用者が大きく異なります。たとえばレセコンの使用目的が診療報酬の請求業務なのに対し、電子カルテは診療内容などの医療情報の管理・保存が目的です。それぞれの違いを解説しながら、連携によるメリットについても紹介します。

レセコンと電子カルテの違いの
詳細はこちら

レセコンを導入する際に必要な機材

レセプトシステムを使用するには、システムの要件を満たすスペックを持ったPC本体やモニター(ディスプレイ)、サーバー、外付けHDDなどの機材が必要です。たとえばPC本体は受付に最低1台は必須で、レセプトシステムを表示するためのモニターはPC本体の台数分を最低限揃える必要があります。

導入するレセコンがクラウド型かオンプレミス型かによっても必須となる機材が異なるため、事前に確認しておきましょう。ベンダーによっては周辺機材のレンタルに対応しているところもあるので、そういったサービスを利用するのもおすすめです。

レセコンを導入する際に必要な機材の
詳細はこちら

レセコンの耐用年数

レセコンは無形固定資産(減価償却資産)にあたり、使用目的に応じて耐用年数が定められています。治療院の通常業務で使用する場合の耐用年数は5年です。

耐用年数を過ぎたレセコンはメーカーの保守サービスを利用できなくなる場合があるため、5年ごとに最新のソフトウェアに入れ替えるか、保守契約の更新が必要になります。クラウド型のレセコンの場合は常に最新のシステムにアップデートされているので、ソフトウェアの入れ替えは不要です。

そのほかにも知っておきたい、レセコンの減価償却および取得価額の計算方法について解説します。

レセコンの耐用年数の
詳細はこちら

レセコンは購入とリースどちらが良い?

レセコンの導入を検討するにあたって悩むのが、購入とリースのどちらを選べばいいのかについて。それぞれにメリット・デメリットがあるため、どちらを選ぶべきという正解はありません。

たとえば購入契約は多額の初期費用がかかりますが、長期的に利用するとなると、継続的に費用が発生するリース料に比べて支払総額を抑えやすいというメリットがあります。一方でリース契約はまとまった資金を必要としないため、銀行借入れ枠や自己資金を別の用途にまわすことが可能です。

自院に合ったレセコンを選ぶためのポイントについて解説します。

レセコンは購入とリースどちらが良い?の
詳細はこちら

レセコン入力は難しい?

レセコンのような新しいシステムを取り入れる場合、スムーズに導入するためにも操作のしやすさは気になるポイントです。

レセコン入力には基本的なパソコンのスキルを必要としますが、操作自体は特に難しくありません。ただし、誤入力には注意が必要です。電子カルテと連携しているレセコンであれば、カルテの内容が自動で反映されるため、入力の手間がかからず、誤入力を防ぐことが可能。また、入力した情報を自動で点検するチェック機能を搭載したレセコンもあります。

そのほかにも、誤入力を防ぐために知っておきたいレセコン入力でつまづきやすいポイントについてまとめました。

レセコン入力は難しい?の
詳細はこちら

レセプトチェック(レセプト点検)

作成されたレセプトに入力ミスや不備がないかを確認するレセプトチェック。従来のレセプトチェックは人の目によって行われていたため、かなりの人手や時間を要していました。

ただ、最近のレセコンの中には、レセプトチェック機能が含まれているものが登場しています。上手に機能を活用して、スタッフの業務負荷を減らしながら作業の質も高めていきましょう。ここでは、レセプトチェックのコツやレセプトチェックソフトの活用法についてまとめています。

レセプトチェックの
詳細はこちら

レセコンの普及率

レセプト業務の効率化アップを図るうえでは欠かすことができないレセコン。医療機関では96%ほどの普及率を誇り、ほとんどの医療機関で導入されている現状があります。一方で紙ベースのレセプトは3.7%ほどととなっています。国は100%レセコンの導入を目指しており、そのための広報活動や特例加算の要件緩和などの取り組みを検討・実施しています。

レセコンの普及率
の詳細はこちら

レセコンの費用

レセコンを導入するためには初期費用だけでなく、導入後にも定期的なコストが発生します。もし費用について把握していなければ後悔することも。初期費用は状況によって異なりますが数百万円かかるケースもあります。たとえば電子カルテ一体型は、機能性の違いもあり分離型よりも割高になってしまうでしょう。また導入後もメンテナンスやサポート費用、研修費などの費用が発生します。レセコンは医療機関の規模などによってスペックなどが変わるので、運営状況などに応じて自院にピッタリのレセコンを検討することが大切です。

レセコンの費用
の詳細はこちら

レセコンの導入による改善事例

業務改善を目的にレセコンの導入を検討する場合、気になるのがレセコンの導入によって本当に改善効果が得られるのかどうかです。費用をかけて導入したのに、改善が見られなかったというのは避けたいもの。そこで、レセコンの導入によって業務改善に成功した事例をピックアップして紹介します。導入前の課題や導入後の変化をまとめているため、導入を検討する際の参考にしてください。

レセコン導入による改善事例
の詳細はこちら

レセコンに使える補助金

レセコンを導入するにあたり、補助金や税制優遇を受けられる可能性があります。レセコン導入に活用できる補助金・税制には、「IT導入補助金」「中小企業経営強化税制」「中小企業投資促進税制」があり。それぞれの制度で対象となる事業者や補助額・補助率、設備が異なるため、利用できる制度がないか確認しておきましょう。

レセコンの補助金
の詳細はこちら

接骨院におすすめの
請求団体3選をチェック

固定バナーpc
固定バナーsp