柔道整復師の正しいレセコンの選び方【レセレクト】 » レセコンとは、レセコンの基礎知識 » レセコンと電子カルテの違いを解説

レセコンと電子カルテの違いを解説

レセコンと電子カルテの違い

目的の違い

レセコンは診療報酬の請求業務が目的で、医療機関の会計情報を管理し、関係機関へ正しく請求するために使用されます。医療機関の収入は診療報酬が大半を占めているため、レセコンは医療機関の経営者にとってなくてはならないシステムです。

一方で、電子カルテは診療内容などの医療情報の管理・保存を目的としています。患者が複数の診療部門を受診した際、電子カルテなら複数の部署で同時に確認することが可能。また、紙のカルテと違い、転記ミスや判読困難というトラブルを避けられるメリットもあります。

使用者から見た違い

レセコンと電子カルテは、システムを利用する人も異なります。レセコンは診療報酬の請求業務が目的のため、使用するのは会計情報を管理する医療事務担当者や会計士です。診療内容を記載する電子カルテの場合は、医師や医療スタッフが利用します。電子カルテのシステム開発に医師が関わっていることが多いのも、主に利用するのが医師だからです。

使用する目的や扱う人が異なるため、会計業務を効率化したい場合はレセコン、診療業務や患者情報の管理を効率化するなら電子カルテが適しています。

電子カルテとレセコンを連携させるメリット

電子カルテとレセコンを連携させることにより、受付から診療、会計業務までを一元管理できます。それにより、レセプトを作成する際にカルテの情報をあらためて入力する手間がなくなるため、業務の効率化を図ることが可能。また、カルテ情報の入力作業が不要となることで、入力ミスを防げるメリットもあります。

そのほか、入力情報の修正・変更事項、診療報酬や薬価の改定などがあった際、電子カルテとレセコンが連携していれば、どちらかのデータを変更するだけで済むのも嬉しいポイントです。

2種類のタイプから実業務に合ったシステムを選ぶ

電子カルテとレセコンの連携には、「電子カルテ・レセコン連動型」と「電子カルテ・レセコン一体型」の2つの種類があります。

電子カルテ・レセコン連動型はそれぞれのシステムが別に存在するのが特徴で、どちらかのみを導入している場合でも後付けしやすいのがポイント。電子カルテ・レセコン一体型は同じシステムを使っており、情報の整合性が保ちやすいのとメンテナンスのしやすさがメリットになります。

電子カルテとレセコンを連携させないケース

どちらかに障害が発生した場合にカバーしやすい

デジタルシステムを活用すれば、システム障害を発生するリスクが伴います。システム障害のリスクはレセコン一体型の電子カルテであれ、電子カルテ・レセコン分離型であれ同じです。

しかしシステム障害が発生した時、一体型であれば電子カルテ・レセコンの双方が使用できない状況に陥ってしまうでしょう。そうなれば多くの業務に支障をきたし、最悪の場合は休診するしかない可能性も高まります。

一方で電子カルテ・レセコンが分離しておけば、どちらかに障害をきたしたとしてもカバーしやすくなるため、リスクを抑えられるでしょう。

リスクは減るが手間は増える

電子カルテ・レセコンが分離型であれば、何らかの障害をきたした際のリスクを減らせるだけでなく、初期費用が抑えられるなどのメリットがあります。しかし分離型だとカルテに入力したあとにレセコンソフトにデータを送信する必要があり、余計な業務の手間が増えてしまうのがネック。

また電子カルテ・レセコン両方のシステムを操作する必要があるため、それぞれのシステムの操作方法を覚えなければなりません。操作を覚える手間もかかるため、日々の業務に忙しい方やITシステムが苦手な方にとっては大きな負担となるでしょう。

接骨院におすすめの
請求団体3選をチェック

固定バナーpc
固定バナーsp