柔道整復師の正しいレセコンの選び方【レセレクト】 » レセコンとは、レセコンの基礎知識 » レセコン入力は難しい?

レセコン入力は難しい?

レセコンの入力方法

レセコンの入力は基本的なパソコンスキルがあれば特に難しくはなく、操作に慣れれば未経験者でもレセプトを作成できます。また、レセコンのなかには、よく行われる処置と薬のセット登録ができるなど、効率的な入力をサポートする機能を備えたものもあります。電子カルテと連携しているレセコンなら、カルテの内容が自動で反映されるので、ほとんどのケースで入力の手間がかかりません。

人の手による入力だとヒューマンエラーによるミスが起こりえるため、誤入力によるミスを防ぐなら、電子カルテと連携可能なレセコンを導入すると良いでしょう。電子カルテを導入していない場合は、入力した情報を自動で点検するチェック機能を搭載したレセコンをおすすめします。

入力でつまづきやすいポイント

レセコンの入力でつまづきやすいポイントとしては、薬品名・用法用量・医師名の打ち間違え、処方日の見過ごし、加算漏れ、特殊な用法の入力、お薬手帳の有無の入力などがあげられます。

たとえば、Do処方が続く患者さんだと、今回も同じだろうと油断して医師の名前や薬の一部変更を見落としやすくなるので要注意。薬の誤入力は調剤過誤や窓口での請求ミスにつながり、患者さんからの信頼を失うほか、損害賠償請求にまで発展しかねません。

処方箋の処方日も見落としやすいポイントです。処方箋の期限切れに気づかず受け付けてしまった場合、罰則を受ける可能性が高いので注意しましょう。期限が切れていなかったとしても、レセプト請求前に修正していないと返戻の対象になります。

また、2年に1度行われる調剤報酬改定で、加算の算定要件の廃止や新設がされるのもレセコンの入力をややこしくするポイントです。診療報酬点数を漏れなく請求することは経営においても重要なため、加算漏れを起こさない対策が求められます。

レセコンの導入で業務効率化を図るのであれば、レセコンの入力でつまづきやすいポイントを把握し、必要な機能や対策を考えておくことが大切です。

必要な機能は満たせる?
おすすめのレセコンを見る

レセプト業務に役立つ資格

レセプト処理能力を示す資格は複数ある

レセプト業務は整骨院・接骨院の収益を支える重要な仕事のため、正確な処理能力が求められます。レセプト業務に関する専門的な知識を身につけてスキルアップを図りたいのであれば、資格取得がおすすめです。医療事務に関連する民間資格にはさまざまな種類があり、それぞれの資格の特徴について紹介します。

固定バナーpc
固定バナーsp