柔道整復師の正しいレセコンの選び方【レセレクト】 » 【個人請求】柔道整復師にオススメのレセコン一覧 » レセPro M-up
(株式会社アップシステム)

レセPro M-up
(株式会社アップシステム)

レセコンの開発を専門に1500院以上(2021年10月時点)の導入実績を誇るアップシステムの「レセPro M-up」について調査。クラウドシステムならではの機能の特徴や独自のカスタマーサポート体制についても紹介しています。

株式会社ワールド公式HP
引用元:株式会社アップシステム公式HP
https://www.up-sys.co.jp/recepro/recepro_mup.html

レセPro M-upの料金

初期費用 11,000円(税込)
ランニングコスト  0~50件 2,750円(税込)/51~150件 3,850円(税込)/51件~8,250円(税込)

柔道整復師必見!
固定費の安い
レセコン4選はこちら

レセPro M-upの特徴

場所を選ばず利用できる
クラウド型レセコン

レセPro M-upは、すでに請求団体などで実績があるシステムをクラウドサービス化した柔道整復師向けのレセコンです。別のレセコンを利用している場合でも、保険証情報やカルテ情報などのデータ移行サービスがあるので、保険請求を継続できます。

クラウド型のため、保険者情報更新や制度改訂があっても即座に対応可能。分院展開している接骨院・整骨院でも、離れた院の状況を本部から確認できます。データ入力はインターネット環境があれば自宅からでも可能です。

カテゴリー分けされたメニューを常に左側に表示する仕様になっているため、画面遷移しても操作に迷いにくいようになっています。またオペレータ権限を設定することもでき、経営に関する数値情報を非表示にするなど、セキュリティ面も安心です

クラウド型レセコンの
メリット・デメリットをチェック

リモートも出張も可能な
カスタマーサポート

システムのバージョンアップはサーバー側で行われるため、治療院側でメンテナンス作業を行う必要はありません。保険請求に必要な情報は、すべてデータセンターに保管されているため、災害や機器の盗難のリスクを軽減することが可能

その上で、開発元のアップシステムでは、カスタマーサポートも行っています。運用開始時のパソコンの設定やシステムインストールはもちろん、操作説明や仕様変更などのお知らせ、顧客満足度調査なども実施。

トラブル・障害時には、電話サポートが基本とし、リモートメンテナンスにも対応。ピア・ツー・ピア方式で画像イメージを転送するなど、秘匿性の高い情報もしっかり守られます。また別途費用が掛かりますが、希望すれば出張サポートにも対応します。

レセPro M-upの口コミ(導入事例)

口コミは見つかりませんでした。

企業情報

社名 株式会社アップシステム
本社所在地 東京都千代田区神田淡路町1-13
電話番号 03-3254-1009
公式HP URL https://www.up-sys.co.jp/